競合Webサイト比較

対象となるWebサイトの優位性や弱みを把握し、施策を明確にします。

競合Webサイト比較

競合Webサイト比較とは

たくさんのWebサイトがある中で、いかに自社Webサイトを見つけてもらうか、他社より魅力的な情報があるかということが大切になります。そのために自社Webサイトをどうすればいいのか仮説を立てるための情報収集のひとつとして、競合Webサイト比較を実施します。目的やターゲットなどが同じであるWebサイトを比較し、自社Webサイトの優位性や弱みを把握します。

競合Webサイト比較の役割

現状の具体的な課題が把握できるので改善施策が明確になります。また自社の優位性を強める施策まで行えると、競合Webサイトに対してさらに差別化を図ることができます。
効率的な施策を検討するためにも競合Webサイト比較が有効です。

競合Webサイト比較のプロセス

まず、比較するWebサイトを選定します。業態が異なる企業でもターゲットや目的が同じであったり、Web検索の表示順が競合することもあるので、同業者以外もツールを使って確認します。
その後、各Webサイトを以下の項目で比較し、優れている部分と劣っている部分を明確にします。

  • 集客状況(アクセス数、滞在時間、流入元など)
  • SEO(検索順位)
  • Webサイトコンテンツ
  • ユーザビリティ

競合Webサイト比較する際に気をつけていること

競合Webサイト比較から導きだした施策が、自社WebサイトのターゲットやKPIとぶれていては、Webサイト本来の目的が達成できません。導き出した仮説に加え、他の分析内容と複合的に精査し、効率的な施策をご提案します。