社内環境改善プロジェクト①オンラインランチ会

  • イベント

ラソナでは、社員で有志を募り、働く環境をよくしようと取組みを行っています。
その名もわくわくproject!

今回は、わくわくprojectが25期やった事例をご紹介します!

■オンラインランチ会

ラソナでは新型コロナウィルス感染拡大による影響により、24期からリモートで仕事をするメンバーが大半を占めています。

もともと東京・沖縄・ベトナム等と拠点が分かれて業務を行っていたため、リモートワークによる弊害は大きくなかったと思います。
ただ、新たに加わったメンバーは1度も出社をしないままオンラインで業務がスタートするため、少しでも円滑にコミュニーケーションができるように歓迎会の代わりに、オンラインランチ会を企画しました!

 

オンラインランチ会のポイント(1)
メンバー構成

東京・沖縄の垣根をなくし、幅広いメンバーと接することができるようにメンバーの構成を工夫しました。

第1回:拠点、職種関係なくランダムにメンバーを構成

基本、1社員1回の参加としていましたが、新入社員は複数回参加できるようにし、多くのメンバーと触れ合う機会を作るようにしました。


第2回:職種ごとのチームでメンバーを構成

同じチームだからこそ、案件では関わることがないチームメンバーで構成することで、普段は話せない相談や話をする機会にしました。


第3回:業務で関わりのあるチームでメンバーを構成

チームリーダーに事前にアンケートを行い、仕事で接点の多いチームでグループを作り、今後の円滑なコミュニケーションにつながるようにしました。

※新入社員向けに歓迎会として1回目を開催したところ、とても好評だったため、結果として25期では第3回まで実施しました。

 

オンラインランチ会のポイント(2)
ランチ代を会社で補助!

より気軽に、そして楽しく参加できるように、会社側で一定額までランチ代を補助しました。
どんなものを食べるのかを事前に考え、それをシェアするのも楽しい話題の1つになりました。

 

ランチ会終了後にはアンケートを実施し、90%以上の社員が「やってよかった」と回答!

・社員を知れるよい機会になった。
・仕事で関わる人がどんな人なのか知っているのと知らないのとでは、やりやすさも全く違うと思う。
・仕事のこと以外は話しづらかったりするので、ランチ会はとてもよかった。
・食事補助が出るのも楽しみだった。

などなどの感想をもらいました!

今後もリモートでの業務が続くので、よりよく働ける環境や仕組みづくりを社員からも提案していきたいと思います。

  • twitter
  • facebook
  • はてなブックマーク

おすすめの記事

おすすめの記事